神仙桑抹茶ゴールド

お茶村の神仙桑抹茶ゴールドの特徴について

皆さんは、健康に気を付けていますか?

ついつい飲みすぎ・食べ過ぎてしまったり、偏った食事になってしまう・・・

そんな方も多いと思います。

バランスの良い食事を取ることは、一見、簡単に思えます。ですが、毎日となるとなかなか続ける事ができませんね。

仕事が忙しいときなどは、ついついファストフードで済ませてしまう事も!

でも、こんな時に食事の栄養バランスを整えてくれるのが青汁です。

ポッコリがスッキリ!!
>>>お茶村の「神仙桑抹茶ゴールド」はコチラ!
 


お茶村の神仙桑抹茶ゴールドは、そのなかでも特にユニークな青汁として知られています。

神仙桑抹茶ゴールドのメイン素材である桑の葉には、桑特有の成分であるDNJが含まれています。

DNJという成分は、糖分の吸収に関係していて、ダイエットに興味がある方や糖分をコントロールしたい人にオススメです。



発売以来 1億杯 突破!
神仙桑抹茶ゴールドをもっと知りたい方は下の画像をクリック!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

神仙桑抹茶ゴールドの原料として使われているのは、「桑の葉」「シモン」「抹茶」の3つだけで、添加物や人工甘味料など全く使用されていませんので安心して飲み続けることが出来ます。

一般的な青汁のように飲み難いことが無いように、抹茶が原料として加えられていて抹茶風味に仕上げてあります。

そもそも神仙桑抹茶ゴールドの発売元の「お茶村」さんは、福岡県八女市にある老舗のお茶屋さんです。

それで、抹茶風味の青汁を作り出すことは、製茶業を営んでいる「お茶村」にとってはお手の物なんですね。

老舗のお茶屋さんの熟練した職人さんが伝統的な製法によって作り出す抹茶をブレンドしてあるので、飲みやすいだけではなく、とっても美味しい青汁に仕上がっているのです。

味にうるさい方にもオススメの青汁になっています。


神仙桑抹茶ゴールドの原料と成分は?



●<桑の葉>
桑の葉特有の成分DNJが、余分な糖分の吸収を抑えると考えられています。

他にもカルシウムや食物繊維、鉄・亜鉛などのミネラル成分、ビタミンAやビタミンCなどが豊富に含まれています。

●<緑茶>
緑茶に含まれるカテキンには、優れた抗酸化作用が確認されています。

また、緑茶にはLテアニンという物質も含まれています。

●<シモン>
シモンには巡りを良くするカリウムが含まれています。

その他、カルシウムやマグネシウム、鉄分、ビタミンKやビタミンA、それと食物繊維が豊富に含まれています。

発売以来 1億杯 突破!
神仙桑抹茶ゴールドをもっと知りたい方は下の画像をクリック!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

<青汁おすすめサイト> 大正製薬の青汁でコレステロール対策:大正製薬のトクホの青汁「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>」の情報を詳しく紹介しているサイトです。

神仙桑抹茶ゴールド購入者の声・口コミや感想について

神仙桑抹茶を購入された方々の口コミや感想の一部をご紹介します。


毎日、食事の前に飲むようにしています。お通じも良くなり、少しばかり体重も減りました。2歳の息子にも一緒に飲ませています。そして今は主人にも飲むように勧めています。健康維持のために今後も続けていきたいと思っています。


粉末がとっても微細で、口あたりも味も良いです。桑の葉と緑茶、シモンの組み合わせが体に良さそうだと飲みながら実感しています。若干、苦味があるので私の場合は牛乳に混ぜて飲むようにしています。以前より便通も良くなりました。初回購入特典のシェイカーや万歩計、そして健康ダイアリーも肥満解消を目指して使わせて頂いています。


62歳になる母親から頼まれてインターネットで購入しています。私も母と一緒に時々飲んでいますが、美味しく頂いています。実は、私の母は糖尿病の予備軍だと健康診断で言われていましたが、これを飲み始めたせいかは分かりませんが、今のところまだ血糖値を下げる薬は飲んでいません。とりあえずは、続けていきます。


お試しにと以前、購入して意外と美味しかったので、今回は定期コースで注文しました。青汁とは思えないほど、とっても飲みやすいのに、他の青汁と比べて含まれている栄養・成分が多いのが嬉しいですね。


これを飲み始めてから2ヶ月になります。今までいろいろな青汁を試しに飲んできましたが飲みやすくて続けられる青汁を「お茶村」で見つけました。以前は酷い便秘で悩んでいたのですが、今では神仙桑抹茶を飲むと翌朝には便通が来るようになりました。それと、なぜかお肌の荒れも無くなって来たような気がします。予想外でした!


発売以来 1億杯 突破!
神仙桑抹茶ゴールドをもっと知りたい方は下の画像をクリック!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓